新宿で勤め帰りに医療脱毛を。脱色していても大丈夫ですか?

医療脱毛の名所「新宿」で脱毛するなら知っておこう!

医療脱毛の名所「新宿」で脱毛するなら知っておこう!のメイン画像

自分で脱毛し肌荒れしている人は医療脱毛が難しいことも。新宿に勤め先があって医療脱毛も近場なら、その利点を生かして慎重にステップを踏むべき。

新宿で勤め帰りに医療脱毛を。脱色していても大丈夫ですか?

ターミナル駅である新宿には多くの脱毛を行うサロン、脱毛を行うクリニックがあります。

《参考LINK》医療脱毛専門のビューティースキンクリニック

新宿に勤め先があって帰りに医療脱毛を受けられる環境なら、その利点を生かして慎重にステップを踏みましょう。

自己処理で肌荒れしている人、脱色している人は要注意です。

★医療レーザーと黒色メラミンの関係。

無駄毛を日常的に自己処理している人が多くいますが、医療脱毛を受ける際にはそれが逆効果になることもあります。

医療脱毛のレーザーは基本的に黒色メラミンに反応して除去効果を発揮していくので、自分で脱毛しすぎていると医療脱毛のときに脱毛効率が低下することもあります。

体毛を脱色してしまっている人は、自己処理脱毛と脱色で二重のマイナスです。

★自己処理がさらにマイナスに働くことも。

無駄毛だからといって自己処理することの危険やマイナスは他にもあります。

目には見えませんが肌が傷ついたり荒れたりして、医療脱毛を受けるための肌の下地が壊されてしまっていることです。

保湿が不十分でそのうえ肌荒れ状態だったとすると、強力なレーザーパワーの医療脱毛では、痛みが倍加してしまいます。

新宿で受けるなら、医師にいきなりの脱毛志願をするのはやめたほうが無難です。

★自己処理している人は、まずカウンセリングの時点で肌の荒れ具合を診てもらい、医療脱毛に耐えられるかを聞きましょう。

新宿で勤め帰りの脱毛であれば、それほど急がなくても二度手間にはなりません。

最初はカウンセリングだけを受けて、医療脱毛がいまの状態で受けられるか、痛みに耐えられるかなどを聞くべきです。

必要であれば保湿などのケア期間を設けてから脱毛に臨みましょう。